■スタートアップガイド - DFUWを使ったプログラムの書き込み
STM32マイコンボード
販売はこちらです。
ドライバの準備
Cygwinの準備
コンパイラの準備
サンプルのコンパイル
DfuSeで書き込む方法
DFUWで書き込む方法
●質問コーナー
すべて
ハードウェア (38)
ソフトウェア (9)
販売 (2)
ライセンス (3)

前回GUIツールを使って書き込みを行いましたが、操作が面倒でした。
そこでコマンドラインで簡単に使えるライターツールを用意しました。

■DFUWコマンドライン書き込みツール

dfuw-0.11.zip (約692KB)

ファイルを展開しましたら、全てのファイルを C:\cygwin\bin に手動でコピーしてください。
(インストーラはまだありません)

前回のLED点滅サンプルをコンパイルしておきます。使い方は次の通りです。

dfuw [HEX ファイル]
※HEXファイルは.hexの拡張子を省略できます。

■実際にやってみると次のようになります。

書き込みに要する時間はGUIのソフトとほぼ同じです。これでHEXからDFUファイルに変換して書き込む手間が省けます。 DfuSeはほとんど使う必要がないでしょう。
書き込んだプログラムを動作させるにはSTBeeボードのリセットが必要です。

※STBeeが接続されていなかったり、ファイルのエラーが生じた場合はその旨表示されますので直してください。
※DFUWはフリーソフトとします。うまく動作しない場合はお知らせください。問い合わせ
※今後、無料で機能拡充やトラブルサポート等を行っていきますので、ソースの公開は行いません。ご了承ください。
※ /usr/bin/dfuw.exe: error while loading shared libraries: STDFU.dll: cannot open shared object file: No such file or directory のように表示される場合はdfuw-0.10.zipに含まれている4つのDLLファイルが正しくコピーされていないか、PATHに設定されたフォルダにコピーされていませんのでご確認ください。


次は...
≫準備中です。2010年7月26日に新商品が出ます。


製品一覧 - 会社案内 - よくある質問 - 発送状況 - サイトマップ
出版社・法人の方へ 本Webサイトの内容を書籍やWeb媒体に掲載する場合は事前に許諾をお取りくださるようお願いします。
Copyright 2003-2018 © Strawberry Linux Co.,Ltd.