■STBee掲示板
STM32マイコンボード
販売はこちらです。
ドライバの準備
Cygwinの準備
コンパイラの準備
サンプルのコンパイル
DfuSeで書き込む方法
DFUWで書き込む方法
●質問コーナー
すべて
ハードウェア (38)
ソフトウェア (9)
販売 (2)
ライセンス (3)

現在1〜3件目を表示しています。  前ページ [1] 次ページ 
[古い順] [新しい順] 該当3件です。
>>ライセンス 質問番号:917871 登録日:2010-04-24
STBeeのライセンスについて
STBeeを使った商品・組み合わせた商品を製造・販売することは自由です。
ライブラリ(標準ライブラリやUSB関連など)に関してもフリーとなっていますので、再配布・改造・販売も自由です。
その代わり動作保証に関して販売店,当社,STマイクロエレクトロニクスは責任を負うことはできませんのでご了承願います。

>>ライセンス 質問番号:917872 登録日:2010-04-24
STBeeを使った拡張ボードを作ってもよいですか?
特に販売に制約やライセンス料の請求はありませんので、個人・法人問わず自由に開発・販売してくださって結構です。開発なされた商品によっては当社での取り扱いをお願いすることもありますし、STBeeを卸販売させていただくこともあります。
一応ありがちな拡張ボードは当社でも開発中です。
基板のピンアサイン・位置は今後も変更しません。
日本からも新しいマイコンプラットフォームを広げていきましょう!
年間2万台以上生産できる規模があります。STBeeユーザが一人でも増えることを願っています。

>>ライセンス 質問番号:917873 登録日:2010-04-24
自社の製品にSTBeeを組み込んでもよいですか?
お客様の品質基準にSTBeeが入っていると判断するのなら、組み込んでくださっても構いません。
国内の一流メーカーに製造工程をお願いしておりますので海外・中国製のものに比べればはるかに
不良率は低いです。この製造品質を考えると相当お買い得な商品です。
なお信頼性を要求する特殊用途へのご利用はお控えください。一部に民生用の部品を利用しています。

台数が多いのなら自社で設計・部品調達をした方がいいかと思いますが、台数が少ない場合、これだけの
部品の調達・設計の手間を考えるとSTBeeをそのまま搭載した方がトータルで有利かと思います。
STマイクロエレクトロニクスの協力により、いつでも安定して買えるような体制に努めています。

申し訳ございませんが、有鉛のラインで製造していますので、現在RoHS適合にはなっておりません。
将来的にはRoHS適合品を作る用意はございます。

現在1〜3件目を表示しています。  前ページ [1] 次ページ 

製品一覧 - 会社案内 - よくある質問 - 発送状況 - サイトマップ
出版社・法人の方へ 本Webサイトの内容を書籍やWeb媒体に掲載する場合は事前に許諾をお取りくださるようお願いします。
Copyright 2003-2019 © Strawberry Linux Co.,Ltd.