■スタートアップガイド - Windowsドライバのインストール
STM32マイコンボード
販売はこちらです。
ドライバの準備
Cygwinの準備
コンパイラの準備
サンプルのコンパイル
DfuSeで書き込む方法
DFUWで書き込む方法
●質問コーナー
すべて
ハードウェア (38)
ソフトウェア (9)
販売 (2)
ライセンス (3)


STBee(STBee Mini)をパソコンに接続する前に、ソフトを先にインストールしてください。
そうしないとデバイスドライバの組み込みができません。

■インストール方法(このインストール手順はSTBee, STBee Mini共通です)

まずum0412.zipをダウンロードします。
http://www.st.com/mcu/familiesdocs-110.html
もしくは
http://strawberry-linux.com/pub/um0412.zip

展開すると実行ファイルが現れます。



DfuSe_Demo_V3.0_Setup.exeを実行します。
必要なプログラム・ドライバがC:\Program Files\STMicroelectronicsの下にインストールされます。

■STBeeを接続

組み立てたSTBeeをパソコンと接続すると次のようなメッセージが現れ、ドライバの要求画面になります。








いいえ、今回は接続しません(T)をえらび、次の画面では一覧または特定の場所からインストールする(詳細)(S)を選びます。




次のドライバの場所に
C:\Program Files\STMicroelectronics\Software\DfuSe\Driver
を入力あるいは参照から選んでください。




この商品はWindowsロゴテスト認証を取得していませんので、次の警告表示は続行を選んでください。


ファイルのコピー中です。


もし次のようなダイアログが表示された場合は


C:\Program Files\STMicroelectronics\Software\DfuSe\Driver\x86
を入力してください。32ビットマシンの場合(通常のお客様はこちらを選んでください)
64ビット版Windowsの場合はC:\Program Files\STMicroelectronics\Software\DfuSe\Driver\x64になります。


インストールの完了です。Windowsのデバイスマネージャを見ると次のようにUSBの項目ができます。

これで動作準備ができました。

次の章で開発環境の準備をします。

次は...
Cygwinのインストール


製品一覧 - 会社案内 - よくある質問 - 発送状況 - サイトマップ
出版社・法人の方へ 本Webサイトの内容を書籍やWeb媒体に掲載する場合は事前に許諾をお取りくださるようお願いします。
Copyright 2003-2019 © Strawberry Linux Co.,Ltd.