■スタートアップガイド - コンパイラのインストール
STM32マイコンボード
販売はこちらです。
ドライバの準備
Cygwinの準備
コンパイラの準備
サンプルのコンパイル
DfuSeで書き込む方法
DFUWで書き込む方法
●質問コーナー
すべて
ハードウェア (38)
ソフトウェア (9)
販売 (2)
ライセンス (3)


■Cortex-M3のコンパイラをインストールします。開発環境の構築にはいくつか方法がありますが、ここではコンパイラ・ライブラリがパッケージになっているCodeSourceryというものを使います。Lite版は無料で利用できます(コンパイル制限や試用期間はありません)
■CodeSourcery
http://www.codesourcery.com/sgpp/lite/arm
http://www.codesourcery.com/sgpp/lite/arm/portal/subscription?@template=lite

ターゲットOSはEABIになります。現在の最新はSourcery G++ Lite 2009q3-68です。このサイトではこのバージョンを使います。 ファイルサイズは約74Mバイトあります。インストーラを実行すると次の画面が現れます。インストールするとハードディスクを約202MB使用します。



ライセンスの表示




インストールオプションの選択(通常はTypicalで大丈夫です)


インストール先を選びます。デフォルトで問題ないようですが、
スペースがあったり、長いので C:\stm32 や C:\cortex-m3 や C:\cm3 のように短縮した方が便利かもしれません。
(どこにインストールしてもコンパイラの場所はPATHに設定されますのでインストールしたフォルダにわざわざ移動して作業する必要はありません)


PATHの設定をするかの確認
必ずModify PATH for current userあるいはModify PATH for all usersを選んでください。









インストールが完了しました。

プログラムメニューにはpdfファイルのマニュアルが参照できるようになりますが、コンパイラなどの開発ツールはマウスで起動させることはできません。
とりあえずCygwinのプロンプトを起動して(DOSプロンプトでも可)
(Cygwinを起動したままにしている場合はPATHが設定されていないので、一度閉じてもう一度起動する必要があります)

arm-none-eabi-gcc --version
と入力してみてください。次のように表示されればうまくインストールされています。



'arm-none-eabi-gcc' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。
と表示される場合PATHの設定がおかしくなっている可能性があります。

次は...
サンプルプログラムのコンパイル


製品一覧 - 会社案内 - よくある質問 - 発送状況 - サイトマップ
出版社・法人の方へ 本Webサイトの内容を書籍やWeb媒体に掲載する場合は事前に許諾をお取りくださるようお願いします。
Copyright 2003-2019 © Strawberry Linux Co.,Ltd.